2016年01月31日

模型:ダイナマイトアクション・ゴーダム

エヴォリューショントイからダイナマイトアクションシリーズとして発売されたゴーダムのレビューです。

正直たいして期待はして無かったのですが、買ってみてあまりのコストパフォーマンスの悪さに愕然。2万円以上もするとは思えないチープさでした。曰く…
・サンプル写真では無かった合わせ目が、実物では存在し、しかも非常に目立つ。ほとんど詐欺です。
・目の形状もサンプルでは設定通りだったのに、実物は何故か異なる。
・関節がマグネットジョイント頼みで何の工夫もないのでポーズの保持が難しい。また下半身はほとんど動かない。
・塗装が厚ぼったくて雑。検品した形跡があるにも関わらず、家のは腹の目立つ処に糸くずが混入状態。
・瞬着頼みの組み立てで、接着剤のはみ出しが目立つ。おかげで頭部を外そうとトサカを引っ張ると、その内にトサカだけ外れます…なぜ挟み込む構造にして接着不要にしないかなぁ〜。
・肩の引き出しや、足首のボールジョイントが固すぎて、そこにギミックがある事に気が付き難い。
・誰もが欲しい訳じゃないドラゴンとクリケッターが強制的に付属。しかもやっつけ仕事なので、このせいで1万円上乗せならば無償に腹が立つ。せめてクリケッターじゃ無くてタイガーにしてよ。
・付属のゴワッパーメカが実は格納出来ない。

プロポーションが良いのだけが救いですが、個人的にはホーガンダーを大きくする等のメリハリを利かしたデフォルメが欲しかった。そう言う意味では、デフォルメ体形ではありましたが、以前にアートストームから発売されたES合金版の方がよっぽど出来が良さげ。
まあゴーダムのまともな模型を長年待っていたので、こんな程度の物でも良しとしますが、よっぽどゴーダム愛が無ければ買っちゃいけない品ですね。

結局、腹部の糸くず除去の為の塗装やり直しついでに、足の合わせ目もパテ埋めしてMrカラーの茶色にマホガニーを1割位混ぜたもので脚部を再塗装。あと足首の半円状のモールドですが、設定では凸なのに何故か凹だったのでプラ板を貼りました。またホーガンダーの赤色の発色が気に入らなかったのでクリアレッドでコートして、気持ちビビッドにしました。しかし何れも、言わなきゃ殆ど気が付かない作業ばかりですね。

ゴーダム ゴーダム ゴーダム ゴーダム ゴーダム

なおパッケージ写真の各ゴワッパーメカの格納場所は間違いで、左肩はヘリマリン、右足がヤドカリジープが正解です。

放送当時エーダイグリップから発売されていたプラモの大、中ゴーダムと比較(50円の小ゴーダムもありましたが未購入)。
ゴーダム
大は未完成、中の塗装は40年以上前の仕事なのでご勘弁を。

メカチェンジは個人的には無かった事にしたい蛇足設定なので、ドラゴンとクリケッターの紹介はスルーと言う事で。

posted by FyunchClick at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型:アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック