2015年10月24日

模型:サイバーフォーミュラー νーアスラーダ AKF-0(アオシマ 1/24)

未だ見た事の無いアニメのプラモを買って、あまつさえ苦行の末に完成させるのは自分にとっては結構珍しい事です。それ程にこのνーアスラーダのデザインには惹かれるものがありました。

放送当時、サイバーフォーミュラーは名前だけは知ってましたが、自分的にはお子様向けアニメ臭が強く敬遠。その後にOVAが出た事も寡聞にして知りませんでした。
そんな頃に見かけたのが、PCショップでデモ的に流れてた同人ゲームのν-アスラーダとアオイ凰呀の映像。そのシルエットと走りの演出に痺れました。
それから暫くしてアオシマからプラモデルが発売されたので、不安と期待の入り混じる中で早々に購入したのですが、プロポーションは流石に以前のアオシマアニメ路線から脱却はしたものの、点と線のみでの接着組立や塗装の事を全く考慮しないパーツ分割等のやっぱりアオシマなプラモで、どうやったらこれをまともに作れるのかと途方に暮れました。
そんなこんなで10年以上の長きに渡り積んどく状態だったのですが、ここ最近の工具や塗料の進歩のおかげで何とか成りそうな気がして来たのでやっと重い腰を上げてみました。

vasld_fr02.JPG vasld_sl01.JPG vasld_bk02.JPG

改造箇所は無し。塗装はCG風にしたかったのでパール塗装にしてみました。
塗装レシピ:
 白:黒下地にクールホワイト、ムーンストーンパールでコート
 青:黒下地にサファイアブルー
 水色:黒下地にクールホワイト、ムーンストーンパールとクリアブルーを1:1で混色したものでコート
 赤:シルバー下地にクリアーレッド
 金:スターブライトゴールド

vasld_sl06.JPG vasld_sl03.JPG vasld_sr01.JPG vasld_sl02.JPG vasld_sl04.JPG

しかし組み立ても然ることながら、やはり塗装には難儀しました。塗り分けが意外と複雑な癖に手元に資料が無い、曲面が多くてマスキングし辛い等々で何度塗り直した事か…。
さて、まだ凰呀も含め諸々積んであるので、勢いでとっとと完成させたいなぁ。

※近年、大好きなメカデザイナーの一人である河森正治氏の画集を買った際に、初めてこれが氏のデザインである事を知る。河森さん、そう言えば車も得意でしたね。

【続く】

posted by FyunchClick at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型:アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック