2007年06月03日

模型:超時空世紀オーガス

オーガスはマクロスの後番組で所謂「超時空シリーズ」ですが、内容的には全く無関係。

主人公・桂木 桂は軍事作戦中に時空震動弾を起動してしまい、未知の時空に乗機ブロンコ2ごと跳ばされてしまう。実はその世界は時空震動弾の影響で複数の平行世界が混在する様に成ってしまった20年後の未来であり、さらには崩壊に向かおうとしていた。
桂はエマーン人に拾われ、ブロンコ2も改修されてオーガスとして蘇る。そしてこの混乱の中心「特異点」と見なされ、時空崩壊から生き残ろうとする各勢力から狙われる事となる…。

この様にメインアイデアはお子様向アニメとしては結構難解(単語も含め)で、当時どこまでこのSF設定が視聴者に理解されていたかは甚だ心許ないのですが、正直ストーリーもあまり魅せる展開では無い感じでした。まあ作画がマクロスに比べれば安定していたのが救いでしょうか。


関連模型の発売はマクロスに引き続き、トイはタカトク、プラモデルはイマイとアリイからでした。
タカトクから発売の1/40スケールで4形態に可変するオーガスが特筆物の出来(後述のイマイ1/40よりもプロポーション良)でしたが、当時はそんなものを買うお金もないし、また成形色がTVとは違う気色の悪い色だったので、今に至るも未入手です。


さて自所有の未完成品プラモデルからのご紹介。
イマイ製 1/40オーガス(桂用)可変タイプ
 og_k40box.JPG
 高荷義之氏のタッチが冴えるパッケージ画です。

 1/40オーガロイド形態:
  og_ko40a.JPG og_ko40c.JPG
 1/40ガウォーク形態:
  og_kg40.JPG
 1/40フライヤー形態:
  og_kf40.JPG
 1/40タンク形態:
  og_kt40.JPG
  (太股は鳥脚に曲げるのが正解だったのに後で気が付きました…だって滅多に登場しなかったから…)

 可動に関しては脚部の縦軸回転と足首の左右スィングが無いのが問題で、御陰でオーガロイド時の素立ポーズが決まりません。プロポーションも胸部横幅がありすぎて寸詰まりに見えてしまいちょっと格好悪いですが、オーガロイド以外の形態は上手くまとまっていると思います。でも関節強度や保持力が無いのは辛いかな。
 あと搭乗フィギュアサイズから判断すると1/72位のスケールに見えてしまいます。流石に設定画に無理があった様ですね。

イマイ製1/40可変タイプは以下の2種も出ていました。
 量産型オーガス(通称:オーガス2) 
 og_240box.JPG
 og_240heada.JPG
 このタイプが一番好きなのですが、模型では肝心の頭部変形を少しさぼっていて、本当は写真(改造途中)の様に上部カバーと内部カメラは分離している構造の筈。

 オルソンスペシャル(オーガス2のチューニング版)
 og_o40box.JPG
 これは大分後に再版された版のパッケージですが、以前の画より劣化してどうする。

イマイからは1/72スケールでも無変形版が形態毎に出ていました。因みにこちらは搭乗フィギュアサイズから判断すると1/100位に見えます。
 1/72フライヤー:
  og_kf144.JPG
 1/72ガウォーク
  og_kg144.JPG
 1/72タンク
  og_kt144.JPG
  (こちらも太股の変形を私が間違えてます)
 1/72オーガロイド・オルソンスペシャル
  og_oo144.JPG
 桂用オーガロイドは何故か未購入です。

 この4形態は実は全てが別設計かつ別金型で、各形態でパーツ形状が微妙に異なります。発売当初は「なんでそんな事するんだ? パーツ流用するのがコンセプト的に正解だし、メーカー側も金型代が助かる筈なのに」と少し憤りを感じましたが、後述のアリイのキットを見るに付け、この判断は正解だったかもと思いました。御陰で各形態の形状は非常に素晴らしいです。

さてオーガスは当然ながらアリイからも発売されており、1/48スケールで4形態が個別に発売されました。自分は先ずは無難にガウォークを買ってみたのですが…
 og_kg48.JPG
実はアリイ版の4種は主要パーツは全て同じもので、一部パーツを入替える事で4形態を再現しています。と言う事でコンセプト的には正しいのですが、如何せんまとめきる技術が無かった様で、なんだか一体感の無い形状で、しかも腰関節が単なる板で木ネジ固定とは(先端が露出する危険な仕様)、とほほ。おかげで他形態は購入意欲が失せました。
因みに、後に同じ金型使用で可変タイプも発売していますが、内容は推して知るべし。


主役以外のメカですが、エマーン人メカのドリファンド(空飛ぶ腕だけのメカ)と、チラム人のガウォーク(空飛ぶ脚だけのメカ)から一部が模型化されています。
タカトクのトイでは変形可能なチラムのナイキックや、無変形の合金トイで多数発売があった様です。

ドリファンドの所有品から
 イマイ製 1/48モラーバー・マーイ
  og_mm48.JPG

 イマイ製 1/48モラーバー・リーア
  og_ml48.JPG

 マーイとリーアの機首形状の違いをきちんと再現しています。プロポーションもグッドで腕も可動し、手首は格納と格闘の2種選択式。因みに搭乗フィギュアサイズから逆算すると1/40位に見えます。もともとオーガスの腕はこのモラーバーの腕を流用したと言う設定ですが、前述の1/40オーガスとこの1/48モラーバーの腕はほぼ同サイズだったりします。

 アリイからも1/42でマーイとリーアのモラーバーが出ていましたが(可変と謳ってましたがどうも腕が動くの意味だったらしい、笑)、先ず2種の機首形状の違いがいい加減だったのにがっかりして未購入です。でもどうやらオーガスよりはまともな出来だったらしい。

 アリイ製 1/48ダル
 og_dal.JPG og_dal2.JPG
 og_dalbox.JPG

 ダルは好きなデザインだったのでアリイから発売された時は喜び勇んで購入しました。で、いざ組立初めると変な事に気が付きました。いかにも腕部付け根が動きそうなのに、その接続パーツも無ければ組立説明もただ接着しろとなっているのです。まあアリイの事なので設計してみたが途中で無理だと判り設計変更したがその形跡が残ったのだろうと思いました。過去品でも動きもしないのに可動可能に設計された関節等の意味不明の仕様が多々ありましたし、このダルでも砲塔カバー中央部が少しスライドするのですが何の意味があるのか判りませんから(笑)。しかし数ヶ月後、なんと可変タイプと称して百円アップされた製品が発売されました。「あぁ、きっと設計変更して改良したんだな」と好意的に考え購入してみたら…関節軸パーツ4個が余分に入ってるだけ。ふ、ふざけるなぁ〜詐欺じゃないかよぉ(実はブロンコ2でも同じ事をしていたのだが)。
 写真は可変タイプを組んだものですが、腕を折りたたんだトラック形態は今一つ腕の収まりが不自然。あとコクピット周りのディテールも違うんですよね。


ガウォークの所有品から
 アリイ製 1/48イシュキック
 og_ik.JPG
 奇跡の様な出来の良さ。これでデザインがもう少し格好良ければ…。

 アリイの1/48イシュフォーンも購入してますが行方不明。

 これ以外にブロンコ2がアリイから1/48で、ナイキックもアリイの1/48可変とイマイの1/72(バトルフォームのみ)が出ていましたが、個人的には何れも好きになれないデザインだったので未購入。あとアリイからは1/144のプラモデルも発売されていた様ですが、アリイの小スケールは見ちゃいけないと言う事で、中身は私はまったく知りません。
 そう言えばアリイからはイシュキックコマンダーログウッドの1/48版の発売も当時予告されていて、楽しみにしていましたが結局発売されず終いで残念です。


 今度メガハウスのパームアクションで可変するオーガスが出る様ですが、形状は別にしても値段の割りに小さいよなぁ。
posted by FaianchCha at 18:00| Comment(4) | TrackBack(2) | 模型:アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オーガスシリーズ、なんでこうもスケールおかしいんですかね?
ブロンコUもとてもじゃないけど48のフュギュアが入らない。てか機体小さすぎ・・・
合金トイでチラムの並列2人乗りの黄色い小型機持ってましたけど、駄目ダメでした。オーガス4タイプ(小さいので4つ入ってるやつでスケール144か100?)のほうがましかな?
Posted by 如何様鍼灸師 at 2007年06月22日 15:08
そうですか、1/144も騙されたと思って買っときゃ良かったかな。
最近出たパームのオーガスは結構良い出来みたいですね、高すぎなのが玉に瑕ですが。
Posted by FaianchCha at 2007年06月23日 01:02
オーガスの再販プラモを探しています。
情報あればください。ちなみに都内です。
イシュキックとかオーガロイドの1/48写真を
見せられるとなつかしー!!
Posted by こにしよしあき at 2008年11月04日 19:37
こにしよしあき様へ
イマイは今はもう無く、アリイもいつの間にかマイクロエースに社名変更して鉄道系一筋みたいなのでこちらの再版はまず無いかと。
でもイマイの金型がアオシマに移っている可能性は大だし、アオシマは偶に思わぬ事をやってくれますから、首を長くして待ってみて下さい。
Posted by FaianchCha at 2008年11月15日 17:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/41044370
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

テレビアニメ放送開始15周年記念ドラマ ち
Excerpt: なんと言っても永依ちゃんの代表作なのがこの作品!この作品で永依ちゃんはかなり知名度が広まったのは事実。それほどのいいできになってると思うので、是非見ておきたい作品の一つだと思います。ドラマ化なったけど..
Weblog: アニメ シリーズのレス
Tracked: 2008-02-07 19:31

高荷義之―プラモデル・パッケージの世界
Excerpt: 高荷義之―プラモデル・パッケージの世界
Weblog: 忍者大好きいななさむ書房
Tracked: 2009-10-08 12:52