2007年04月16日

模型:機甲戦記ドラグナー

ドラグナーが1stガンダムのリメイク的作品を目指していたのは第1話を見るとありありと判ります。
ただメカに関しては同じ路線じゃバンダイ的には嬉しくないであろうからか、MSとは異なるデザインラインを目指した様であり、特に主役のD兵器はレース車のカウリングをイメージした様な曲線主体のものでした。特に中盤からはリフターと呼ばれる装備を付けて航空機的な演出、戦闘が多かったので方向性としては良かったと思います。
また航空機的と言う意味ではAWACS機をイメージさせるD-3のデザインが異彩を放ちお気に入りでしたが、演出が難しかったのか段々と活躍が少なくなったのは悲しかった。

当初は1stガンダムをさらにリアルにしようと言う意気込みだった筈なのですが、視聴率の低迷もあってか、ストーリー後半は色々と試行錯誤してるのが見えてしまい、求心力の無いだらだらとしたストーリー展開の印象は拭えません。メカもカスタムなどと言う当初の思惑とはかけ離れたデザインにしてしまい(私には品の無い族の改造車の様なデザインにしか見えませんでした)、果てはグンジェム隊などと言う戦争やくざみたいなものまで出して来て、あげくに最後はギルガザムネなんて言う巨大ロボとは…すいません、最初のD-1〜3のデザインが大好きだったので、それが否定されてしまった事への恨み辛みです(笑)。

当時バンダイからはプラモデルのみが発売されたと思います。殆どは1/144でした。実は当時買ったのは予算の都合もあり、最初のD兵器3体とD3リフター(D3好きなので)、ゲルフと1/100で唯一出たD-1カスタムのみで、その他は最近の再販で購入。
でもこのシリーズは、数点の例外を除いて、かなりの高水準の出来だと思います。あとパッケージ画も全体的にかなり素敵。再販を買う気になったのも、実はパッケージ画にかなり惹かれた所為もあります。

D-1
 DRGN_D1.JPG DRGNpkg_D1.JPG
胸に組み込まれたマークはなんなんでしょ、とは当時だれもが突っ込んだ所。D兵器も含めてメタルアーマーは全て敵ギガノス製で、それを奪取した設定なのですが、最初からギガノスマークじゃ無いのは…デザイナーと脚本家の意思の疎通不足でしょうか。

D-2
 DRGN_D2.JPG DRGNpkg_D2.JPG
背中にしょってるのが「2001年〜」のスペースポッドに酷似なのがちょっと嬉しい(自分でも訳判りません、笑)。

D-3
 DRGN_D3r.JPG DRGNpkg_D3.JPG
写真ではリフター背負ってますが、本当はこの版には付属せず替わりにバズーカが付いてます。

この3種はBB弾が発射可能な携帯火器が付属してますが、おもちゃ的ギミックでデザインを崩さない配慮が結構嬉しかった。
D−1に関しては、脚部のストライプを色プラで再現した版もありました。

実は密かに愛してたのがキャバリアー0。しかし番組中では大して活躍もせずに使い捨て。おかげでプラモは発売されず、しかたなく高価なBクラブ製のガレージキットを購入してます。
 DRGN_C0a.JPG
D-1に被せられるのですが、腕の付き位置がキャバリアー側の凹と合いません(泣)。
そう言えばPS2のA.C.E.と言うゲームでキャバリアーが使えたのは嬉しかったなぁ。

リフター付き
 DRGNpkg_D1r.JPG DRGNpkg_D2r.JPG DRGNpkg_D3r.JPG

D-2はA-10サンダーボルト2なのが見え見えでちょっと嫌。あとD-1のリフターのデザインがオープニング画と異なってたのには首を傾げたものです。まあそれを言えばオープニングのアレンジばりばりのドラグナーがやり過ぎだったのですが…個人的には大張氏のアレンジは好きじゃありません、だってあれをやられると全てのロボが同じに見えちゃいますよ(笑)。

D-1カスタム(1/100)
 DRGN_D1C100a.JPG DRGNpkg_D1C100.JPG
1/100で唯一発売された機体。素体は組立済みで、これに外装を被せるのですが、既に1/144でもやってるのでそれほど新味なし。どうせなら旧D-1とコンパチにして欲しかった。あと144版に比べるとちょっとシルエットが寸詰まりでしょうか。
写真のものは顔を少し直してます。あとなるべく旧D-1に似せるべく左肩カバーも付けないつもりでした。

D-1カスタム(1/144)
 DRGN_D1C.JPG DRGNpkg_D1C.JPG

D-2カスタム
 DRGN_D2C.JPG DRGNpkg_D2C.JPG

2機とも、デザインは嫌なのですが、プラモとしては良い出来です。

ゲルフ
 DRGN_GELF.JPG DRGNpkg_Gelf.JPG
素直に格好良いデザインで、カラーリングも良し。さらにプラモはノーマル、ヤクト、レビの3種に組立可能。なので結局3箱買ってます。しかし操縦するのが「少年隊」って…機を見るに敏と言うか、生き馬の目を抜くと言うか…。

あとはざざ〜っとパッケージのみ紹介。

ファルゲン
 DRGNpkg_Falg.JPG
肝心な所でプラモの出来が…。

ダイン、ゲバイ、ドラウ
 DRGNpkg_Dein.JPG DRGNpkg_Gewei.JPG DRGNpkg_Drew.JPG
ドイツ語の1,2,3のもじりでしょうか?

シュワルグ、ダウツェン、ガンドーラ
 DRGNpkg_Schw.JPG DRGNpkg_Dauz.JPG DRGNpkg_Gand.JPG
デザインがアレなメカほどプラモの出来が良いのに、何故か腹が立ちます(笑)。

ドラグーン
 DRGNpkg_DR.JPG
GMに比して格好良すぎる量産機。設定上も旧D兵器を上回る性能だったとか。


すいません、なんだか口っぽいレビューになってしまい反省しきり。でも最初のD-1〜3は好きだったんですよ、本当に。
で最近の造形物に関しては、パームアクションなんて言う巷ではゴミ扱いの物が発売された程度ですが、なんでも噂では魂SPECで出るとか、しかもキャバリアーの付属が濃厚な雰囲気。
でも魂SPECは今の所ちょっと的を外し続けてるのでちょっと心配。まあ最初のプラモは結構良い出来なので、遊べるキャバリアーさえ付けて貰えれば個人的には満足かもしれません。
posted by FyunchClick at 00:46| Comment(4) | TrackBack(1) | 模型:アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あっ、「ドラグナー」ですね。
なつかしいと言うか、今スーパーロボット大戦をやっているので
お世話になってます。って感じでしょうか(^_^)

昔は、D-3の頭でっかちが気になっていましたが、あれってレーダーだったんですね。
(ゲームで知りました)
Posted by ユキノ at 2007年04月16日 22:13
スパロボ大戦は未完のものをいっぱい抱えてます(笑)。
D-3の頭は使用時はくるくる回るんですよね、たしかゲームでも回ってましたね。
Posted by FaianchCha at 2007年04月17日 21:39
実はSDでガシャポンもでてましたが、コンプリする前に売り切れ。当時に財力があれば=っと悔やまれます。
そのうちHGで発売されそうですが、先日安売りキット買っちゃったから出るまでには作らないとね。。。
キャバリアー買ったんですか?
当時ガレキはめちゃ高でしたがいくらしたのか記憶に無く。
設定は面白く斬新でしたが、リアルすぎて子供にゃ解からない♪
Posted by 如何様鍼灸師 at 2007年04月21日 20:46
如何様鍼灸師様
キャバリアーは3千円強だった様な…自分でもよくぞ買ったと思います。
Posted by FaianchCha at 2007年04月24日 00:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: BB弾BB弾(びーびーだん)とは、球形をした遊戯銃の弾丸である。BBとはBall Bullet(球形弾)の略。材質はプラスチック、または生分解性プラスチックで、直径は通常6mmだが、マルシン工業独自の..
Weblog: おもちゃ博士
Tracked: 2008-02-12 15:06