2007年03月11日

模型:六神合体ゴッドマーズ

横山光輝氏の原作「マーズ」は「バビル2世」にも増してSF色が強く、しかも巨大ロボットが次から次へと登場するので、とっても連載を楽しみにしていた作品でした。ただラストはSF的と言えば確かにそうなんですが、あれだけの長丁場を引っ張ってきて「それは無いだろう」と言う気分にも多少はさせられました(う〜ん、やっぱり少年漫画としちゃ納得いかないかなぁ)。

さてそれを原作とするTVアニメ「六神合体ゴッドマーズ」はと言いますと、これは全くの別物と言ってよいでしょう。なにせ原作ではガイア以外のロボットは敵なんですが、TVではみんな味方でさらに合体して超巨大ロボになっちゃうんですから(もちろん各ロボのデザインも全く別物)。お話自体も別物で、原作には無い双子の兄が登場し、その兄弟同士の戦いがメインだったらしい…なにせあまり真面目には見てなかったので(汗)。

しかしおもちゃは良く売れた様で、超合金の合体ロボを筆頭に、プラモも大、小が発売。さらには敵ギシン星人メカまで模型化されちゃいました(恐らくザクのプラモの売れ行きに気を良くしたのでしょう)。ただ個人的には、あのまったく動くとは思えないデザインが気になり当時品は殆ど購入しておりません(後の再版プラモは勢いで買ってますが…)。

そんな私が唯一入手したのがこちら、
 GODMARS.JPG
当時1回百円(大金でした、笑)のガシャポントイで、5神が揃えばゴッドマーズに合体可能なものでした(プロポーションも良好)。ただ回せど回せど左腕になるタイタンだけが出なくて、やっとなんとか揃えたものでした(そう言えば当時はこのガシャポン自体置いてる店が少なかった)。しかしその後、その貴重な左腕を紛失してしまい今日にいたってます(泣)。

この合体版には残念ながらガイアは付属せず、逆に合体しない別のガシャポンシリーズで出ていました。でなんとなく此方も回してみてます(胸の黒は自分で塗ってます)。
 GODMARS1.JPG GODMARS2.JPG

しかし、もし超合金魂とかで出されると辛いなぁ(笑)。正直あまり欲しいデザインのロボでは無いので、泣きながら買う羽目になりそうだ。

【追記】
ネットを探してみたら、やっぱりいらっしゃいますねぇ〜強者が。ちゃんと5体揃っての合体版(しかも塗装済み)がこちらのサイトで見られます(「巻の50」です)。
http://homepage1.nifty.com/HOBBYLIFE/index.html
posted by FaianchCha at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 模型:アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35739395
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック