2006年11月03日

模型:未来少年コナン

未来少年コナン」はNHK初の連続アニメ作品であり、かつ今や押しも押されもせぬ宮崎駿氏の初監督作品でもありました。
放映当時は高校生だったと思いますが、初回こそ、主題歌に消沈し、内容の地味さに首を捻ったものの、回を増す毎に番組の虜となりました。毎週火曜日(夜7時半から放映だった)が来ると朝から浮き浮きし、当時はビデオなどと言うものも無いので、放映を見逃すまいと万難を排してTVの前にかぶりついたものです。
さて番組に入れ込むとそれに関する何らか情報が欲しくなるのは人情ですが、当時は今みたいな情報入手の手段も無くて、雑誌か何かで知った設定資料の載った同人誌を買ってみたり、文句を言いながらも主題歌ソノシートを買い、果ては絵本までも買ったものでした。そんな中バンダイからプラモデルが出ているのに気が付きました。確か1箱50円か百円位で、
 ロボノイド+ダイス、バラクーダ号、ファルコ、ギガント
の4種が出てましたが、出来は駄菓子屋プラモ並だったので非常にがっかりでした。たぶん今でも家の何処かに組立済みが眠ってると思います(ちょっと探したんですが発掘出来ませんでした、因みに大分後年に1箱にまとめられて再販されてます)。
そんなこんなで思いはつのり、たまたま受験で東京に行った時に制作会社の日本アニメーションのスタジオまで足を運んでしまいました(そう言えばその時駐車場で2CVを見ましたがあれは宮崎先生のだったのかしら…とは後知恵)。そこで売って貰ったのがこちら…

 konan_cel.JPG

未だに私の宝物です。

後にはちゃんとした資料として徳間書店からロマンアルバムが出ました。

 konan_ra.JPG

宮崎監督の描くラナは可愛いです(作監の大塚氏が描くラナはちょっと…ですね、笑)。

さてキャラの造形物に関しては、近年のフィギュアブームのおかげで幾つかコナンも出ましたが、正直どれもキャラの魅力を表すには表現力不足な物ばかりで、購入意欲が沸くものではありませんでした。
しかし最近出たコナミのブラインドBOXフィギュアは中々気合いの入った出来でした。ただお値段も気合いが入っていたので購入を躊躇してたのですが、最近特価品を見かけて即購入です(あい変わらず温いです>自分)。

 konan_01.JPG
 主人公のコナン

 konan_02.JPG
 ラナは初回のシーンからですね。
 可愛いい造形ですが、正直似てるか否かは微妙。
 少なくともラナのアゴはもっと円いラインですね。

 konan_03.JPG
 ジムシィうまそう達。

 konan_04.JPG
 武装版のファルコ
 小さな乗員から察するにギガントへの突入時の様です。

 konan_05.JPG konan_06.JPG
 ギガントの着陸と飛行版。
 尾翼や主エンジンが外れるのは芸細です。

上記以外にファルコ非武装版もある様ですが、とりあえずこれだけ揃えば満足です。でも本当はファルコやギガントのバリエーションよりもラナの麦藁帽子版とかの方が嬉しいよなぁ。

まさかまだ未見の方がいらっしゃるとも思いませんが、もしいらっしゃるなら未来少年コナンは必見です、良きまんがアニメの世界がそこにはあります。
因みに原作「残された人々」はハイハーバーを高潮が襲う所で終わってます。したがいましてTVの後半は完全に宮崎監督らの創作です(あそこで終わっちゃぁ救いが無いですよねぇ)。
【続く】
posted by FyunchClick at 20:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 模型:アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
全部は見れていないですが「未来少年コナン」好きでした。

宮崎さんのメカって飛べなそうなのも有りますよね。
でも当時それが面白かった。

ギガントとか「浮くのかよ」って思ってました!
Posted by ユキノ at 2006年11月18日 23:57
> ギガントとか「浮くのかよ」…
まあフライングマシンなんてのが登場しちゃってますから理詰めでならそっちの技術が応用されてると言う事で…でも本当の所、出来なさそうな事を出来ておかしく無さそうに見せちゃう所が宮崎監督の演出の力って事ですね。

そう言えば今って動画の無料配信で「未来少年コナン」って見られるんですね、良い時代になったなぁ〜。
Posted by FaianchCha at 2006年11月20日 14:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック