2006年08月03日

模型:マジンガーZ

マジンガーZとの遭遇は中学生の頃でしたでしょうか。少年ジャンプで始まった巨大ロボット物と言う、マンガでは珍しいジャンルの作品を毎週食い入る様に立ち読みしたものです(当時どれだけマジンガーを模写したことか)。中でも思い出深いのは内部構造を図解した表紙絵でした(ひょっとしてぬえの宮武氏の作画?)。しかし何故かこれからヤマ場と言うところで連載は終了してしまいました。
TVアニメ版はマンガ連載中に始まりましたが、これは私の愛した原作版とはかなり異なる内容の作品でした。

曰く(すいませんTV版ファンの方怒らないで下さいね、汗)…

・マジンガーZのデザインが異なる
 (どちらが格好良いかは確かに好みの問題ではあるが)
  顔では目と鼻の形状の違いが顕著
  (鼻に関しては原作のままでは作画が難しかったのが
   変更理由らしい)
  胸の放熱板の形状の違い(原作でも2種あるけど)
  腹部、肘、膝の装甲張り出し形状の違い
  ホバーパイルダーが白から赤へ
  (これはTV版の方が見栄えが良い)
  手足が何故か黒から青へ
  (ただ色に関しては所詮原作は殆どがモノクロ画なので
   あまり気にならずでしたが)
・兜甲児が単なる乱暴な馬鹿者
 強大な力を手にした事による葛藤など皆無の脳天気野郎としか…
 (まあ原作でも大概の場面は脳天気野郎ですが)
・弓さやかが単なるオテンバ娘で色気無し
 (そこまでTVに期待する私が悪い?)
・マジンガー軍団が登場しない
 特にビューナスAが出ない(グレートでやっと登場しましたが)
・ボスボロットが許せない
 巨大ロボにギャグメーカーをやらせるなんて…
・ミネルバXが許せない
 巨大ロボ同士にそんな演技をさせるなよ〜
・豪ちゃん的悪乗りギャグの割愛
 ブロッケン伯爵の頭でのフットボールとかね
・ミサイルパンチが許せない
 ロケットパンチがあるのに何故?
 しかもあれじゃお腹の中は伽藍堂…

等々、特に番組後半に成れば成る程、私の思いとの乖離は顕著に成って行くのでした。それでも視聴率的にもマーチャンダイジング的にも大成功な作品なんですから愚痴も言いたくなります…。
(余談ですが、デビルマンはTV版が原作とは大幅に異なるにも関わらず良い作品でした)

とは言え、それでもやっぱり立体物が欲しい事に変わりは無かったのですが、まだこの手の物のトイ化が試行錯誤状態だった為か、当時はあまりまともな造形物が出ませんでした。以下思いつくままにマジンガーZ関連のマスプロ造形物を連ねてみます。

プラモデル
・電動歩行版
 以前に出ていた鉄人28号と同じ仕掛なので似せる事自体が無理
 でもパイルダーを差し込むと動き出すのはナイスギミックかと
・ホバーパイルダー
 ゼンマイ走行ですが結構良い出来でした(友人が持ってました)
 しかし残念ながら後にジェットパイルダーに金型改修され
 再販は不可能に…
・ジェットパイルダー
 これはデザインが好きじゃ無かったのですが
 近年の再版品を思わず購入
 PM_JPLD.JPG
 (背景のマジンガーが可笑しい)
・ベストメカコレ版
 同時期に出たライディーンとは比べるべくもない出来でした
 でも結局再版時にその事を忘れて購入(笑)
 BMC_MZ.JPG
・スーパーロボット大戦α版
 近年簡易インジェクションで出てましたが(メーカー不明)
 値段と出来が比例しない製品でした
・メカニックコレクション(MC)ノーマル版
 なんだかムキムキ体型であまり好みではありません
 MC_MZ.JPG
・MCエクストラヘビー版
 ノーマル版を重い素材で成形しメタリックにしたもの
 MCEH_MZ.JPG
 あとOVA化時にグレートとのセット版も出ましたが、
 顔の造形に少々の変更が有ったとか無かったとか…

超合金
 記念すべき超合金の第1号、しかし造形は…

ジャンボマシンダー
 たぶん当時品ではこれが一番造形センスが良かったと思います
 でも流石に当時の中学生じゃ、色々な意味で買えませんでした

変身サイボーグスーツ
 当時手の届くもの(サイボーグ本体を購入しなければ)では
 一番良い出来だと思いました
 で、ボディ本体は自作するつもりで購入(無謀な)
 (以前にレビューしましたので宜しければご覧下さい【リンク】

アクションロボ
 プライズ品です。ちょっとプロポーションをいじり過ぎでしょうか
 AR_MZ.JPG

超合金魂
・初版
 記念すべき超合金魂の第1号
 過去品に比して画期的な造形物でしたが
 流石に今見ると辛い所もあり
 (でもスクランダーの翼の可動には本当に感激したなぁ)
 CTMZ_MZ.JPG
 (スクランダーを付けるとデブに見えちゃうのが一番残念、
  かと言って付けないとロケットパンチ発射口が無様…)
・リニューアル版
 初版での問題点をクリアしてます
 CTMZ_MZR.JPG
・OVA版=原作版準拠
 私が待ちに待った造形物でした
 でもスクランダーが付属しません(泣)
 CTMZ_MZO.JPG
・アフロダイA
 当時は発売された事自体が驚きでした
 CTMZ_AA.JPG
 アフロダイに関しては流石に原作版は奇をてらいすぎの
 プロポーションであり、これ位が穏当かと…
・ボスボロット
 出来は良いんですけど、私は要らないなぁ
・ミネルバX
 デザイン、配色共にノーコメント
・ダイアナンA
 同上

ポピニカ
・ホバーパイルダー
 小さいのはジャンボマシンダーに合わせた所為でしょうか?
・ジェットパイルダー
 同上
・兜号
 サイクロン号の再利用品、しかも色が…

ポピニカ魂
・ホバーパイルダー
 とっても良い出来で文句なしです
 CTMZ_HP.JPG
・マジンガーヘッド
 前述のパイルダーを乗せられますが、今ひとつしっくり来ません

その他
・ガシャポン版
 最初のHG版はとっても嬉しかったけど、
 その後乱発されて有り難みも薄れました

多分上記以外にも沢山の物が発売されているとは思いますが、やっぱり原作版は皆無だったかと(魂版も立前上はOVA版だし)。
因みに原作版は現在、講談社から文庫化(全3冊)されています。
4062606496.09._PE00_OU09_SCMZZZZZZZ_.jpg
(3冊目はテレビマガジン版も所収)
posted by FaianchCha at 22:33| Comment(4) | TrackBack(0) | 模型:アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
超合金魂の1作目のマジンガーZはうれしかったですねぇ。
リバイバルブームって訳でもないのに、まさかの製品化。(スパロボ大戦のおかげで知名度は高かったか)
おもちゃの出来と品質だけで勝負してましたからね。

思えば、こいつのせいで超合金の世界に引っ張り込まれたんだった。
Posted by 牛乳屋 at 2006年08月05日 15:17
思えば超合金魂のせいで高額商品トイの世界に引きずり込まれましたね(笑)。
魂Zの初回ロットは全く目にする事が出来ず、かなり時間が経過してからやっと買えた覚えがあります。TVのニュースでも話題になる位に売れたみたいですね。
Posted by FaianchCha at 2006年08月05日 18:01
最近発売されたマジンガーZはうれしかったです。

ホバーパイルダーと、ボディのセットで60cm位になります。
でもスクランダーが発売されません。
Posted by ひこにゃん at 2016年07月06日 05:16
ひこにゃん様
>ホバーパイルダーと、ボディのセットで60cm位になります。
超合金魂DXシリーズは、保管場所と価格を鑑みると流石に自分には手が出ませんのでお羨ましいです。
また貴殿サイトを拝見しましたが、素晴らしいですね。特に懐かしいプラモの素敵な完成品のは感心頻りです。
Posted by FaianchCha at 2016年07月07日 09:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17790194
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック