2006年06月04日

模型:マイティジャック

マイティジャックは、夜8時から1時間番組と言う低年齢層じゃ無いところにターゲットを定めた作品の様でしたが、当時低年齢層だった私を含め近所の子供達はすっかりはまって視聴しておりました。たぶん子供は背伸びがしたいんですよ、同時に仲間内ではキイハンターも流行ってましたし(千葉真一のサイン貰いに並んだ記憶が…)。

作品自体は1時間番組である事もあり、スパイ物的なかなり凝ったお話作りだったと思います(当時幼くてもおおよそのストーリーは把握出来てたつもりなんですが…)。後半でやっと登場するMJ号の水中からの離脱シーンは高速度カメラ撮影による恐ろしく格好良い映像で(そんな技法的な事は当時は知る由も無しですが)50円のプラモでお風呂で一所懸命再現しようとがんばってました(笑)。

と言う事で大人向けを意識した作品とは言え、しっかりイマイからは子供向けにプラモデルが出ていました。MJ号は大中小が出ていましたが、当時買ったのは自分のお小遣いでもなんとかなる50円のだけ。と言うのも本当に欲しかったのが艦載機のピブリダーだったからです。艦載機が発進前に艦内で組み立てられるシーンはメカ好き心を擽りました(何の意味があるかは判りませんでしたが、笑)。でこちらは親に大を買って貰いました(これはかなり長い間所持してましたが、やはり既にゴミと消えました)。ゼンマイボックスが取り外し式、キャノピーも透明で取り外せ、かなりスタイルも良いキットだったと記憶してます。

で、現在所有のキットは再販時に買ったマイティ号大のみ(手付かず)。尚このキットは金型の状態の都合か、初版時に付属していた筈のミニメカ等が残念ながらかなりオミットされています。

MJMJB_imai.JPG

MJ号自体はこの大が割と再販されていますが、ピブリダーやエキゾスカウトの大の再販は見かけませんでしたね。タスクフォースからインジェクションキットのピブリダーが出ていましたがコストパフォーマンスの関係で購入を見送りしました(我ながら温いな〜)。イマイ廃業直前の頃に新パッケージでピブリダー等が再販されると聞いてかなり楽しみにしていたのですが、出たのは大では無くてがっかりしました(で形状的にいまいちの所もあって買ってません…)。

時は完成品トイブームなので、勢いに任せてどっかからMJシリーズが出ないかな〜と思っていたら、やってくれました流石はコナミ。

MJ号
MJMJ_konami.JPG

ピブリダー
MJPB_konami.JPG

エキゾスカウト
MJES_konami.JPG

敵の秘密組織Qのメカから、
ホエール
MJWH_konami.JPG

フライングスカイラル
MJFS_konami.JPG

スワロー
MJSW_konami.JPG

どれも形状的には不満はありません(サイズ以外は…)。でも出来ればQメカじゃ無くてハイドロジェットとかを入れてくれた方が嬉しかったかな。しかし本当にピブリダーの出来の良い模型が長年欲しかったので大満足です。後はハセガワからプラモが出るのを待つだけですね(満足してないじゃん、笑)。

そう言えば円谷プロのロゴマークはMJマークでしたね。

【続く】
posted by FaianchCha at 08:36| Comment(3) | TrackBack(0) | 模型:特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
FaianchCha さま
こんばんわー^_^ キングビアルでは大層お世話になりました、ぺこり。早速自分のブログ上でもchChaさまのブログを宣伝させて頂きました。「オレビアル」進呈の件、励みに頑張ります。食玩は出て欲しいような(せめてオレビアルが完成するまでは…^_^;)止めて欲しいような、複雑な心境です…今日もLDをカンフル剤代わりにカリカリチマチマ製作してましたが…やはり当時も、誰一人として「キングビアル」の正解を把握して作画していたアニメーターさんはいませんでした…>_<;

あ、今日はキングビアルじゃなくて、マイティジャックでした!
「ハイドロジェット」も捨て難いのですが、オイラにとってはMJ号と「お風呂対決」させる為のQメカが欲しくて…で、ワンダーフェスティバル初参加の前回出品したのが『MJお風呂対決シリーズ?第1弾のジャンボー』でした。
ジャンボーは大好評で、本人が一番ビックリでした^_^; …で、調子に乗って今度は『レイヴン』で再挑戦してしまうのでした~_~; さぁ〜て、どう戦うかなぁ〜?(ザンボット予告風)

あ、そうそう…ピプリダーのプラモなら1/48スケールでオイラにとっての『神さま』的存在の千草氏がタスクフォースブランドで出していました!氏のHP上にも掲載されていない幻的アイテムですが、『ちっとも、売れねぇー』と当時嘆いておりましたので、本人の処には在庫がまだ有るかも?

今度のWFは円谷プロ関係物は○ダイ絡みのせいか、未だ版権許諾が下りないのですが、出来ればオイラ以外の20人にも「シマシマ(マスキング)地獄」を堪能して欲しいなぁー
因みにジャンボーの飾り台はQマーク型で、これを胸につければ、今日から君もQの工作員だっ!
Posted by ひろにー at 2008年06月01日 00:49
ひろにー様へ

MJ号vsジャンボーのお風呂対決は男の浪漫ですよね(笑)。
タスクフォースのピブリダーは出来は別にして、とにかくサイズに比して高いと感じてしまい何度も模型屋で「こうたやめた音頭」を踊ったものです。
そう言えば今度発売されるEX合金のMJ号を家族に内緒で予約しちゃいました。送られて来る日が楽しみでもあり怖くもあり…。
Posted by FaianchCha at 2008年06月02日 11:10
マイティジャックは完成度は音楽とメカ、特撮だけは豪華だけど、本編は「ウルトラシリーズ三作部(Q、マン、セブン)」、「快獣ブースカ」、「怪奇大作戦」並に頑張ってほしかった所…(せめて、木村武、村田武雄、上原正三、本多猪四郎、佐々木守、実相寺昭雄、高野宏一、福田純、梶田興治、小泉一、中野昭慶を起用させて欲しかった所だが残念…(但し、当時の実相寺昭雄はTBS映画部に所属していたから起用出来なかった可能性はあり))。コナミからマイティジャックのミニチュアモデルを発売してくれたのは良いが…、肝心のコンクルーダー、ハイドロジェットV、バギー、バンカーH、シプリー、レイブン、ジャンボー、クラッチャー、ブラックアローが入っていなかったのは非常に残念だ…。まぁ、再販時に入ってくれる事を祈ろう…。
Posted by マイケル村田 at 2014年01月23日 21:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17787771
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック