2006年04月18日

模型:禁断の惑星

映画「禁断の惑星」はオーパーツ的SF映画だと思っています。ストーリにしろメカデザインにしろ何故あの当時にあんなに飛び抜けたセンスで創れたのか不思議でなりません。最初に見た時(TV放映でしたが)は割と子供だったので「イドの怪物」の意味がさっぱり理解出来ていませんでしたが・・・。しかし当時最も驚いたのは、出てきたロボットが既に我が家に在った事ですね。そう、昔はどこの家にも1台はブリキのロビーがあったのです(もう遠い昔にゴミと消えてますが)。しかし子供だった私は何故日本製ロボットのおもちゃと同じデザインの物がこの映画に登場しているのかには大いに首を捻ったものです(実はこの映画からパクッたと知ったのは大分後のこと)。
と言う事で本作に登場するロビー・ザ・ロボットは恐らく世界で一番有名なロボットでしょう(ちっちっち、世界じゃ一番かもしれないが日本じゃ5番だ・・・そう言えば刑事コロンボにも出てましたよね)。
当然ながら、結構昔からまともな模型が欲しかったのですが、前述の様に純然たるおもちゃは沢山出ていても、スケール模型的造形物となると少なくて、しかも入手し辛かったり高価だったりでか過ぎたりと、帯に短し襷に長し状態でした。そんな、もういい加減諦め状態だった頃に出たのがメディコムのアクションフィギュア(アクションフィギュアブームのおかげでまさかのキャラまで片っ端からトイ化されたおかげですね)。

roby1.JPG roby2.JPG

大きさも手頃だしあちこちが可動して造形的にもグッドです。さらに電池で光ります。欲を言えば同じシリーズでフライデーも欲しかった・・・。

しかしアダムス船長があのレスリー・ニールセンだったとは、今回この記事を書くためにネットで調べていて初めて知りました。
なおこの映画、後に富野監督により「伝説巨神イデオン」としてアニメ化された事も有名ですね(ウソですっ)。
 
 
個人的に好きなSF映画(SFメカ登場に限定)のトップ3は、
「2001年宇宙の旅」
原作ではDiscovery号の搭載艇にAnne、Bety、Claraと言う愛称が付いてたのが素敵でした。これらの模型も手頃なサイズと値段の物が出ないですかねぇ(ポッドはボールで我慢するか、笑)。
(こんなHPあったのね:http://www.hayakawa-online.co.jp/2001/
「禁断の惑星」
・あと一つは何だろう「エイリアン」もしくは「空とぶゆうれい船」(笑)?
いや正直「ゆうれい船」はとっても好きな映画です(これは映画館で見ましたが、TVだといつも一部カットされてますね)。ラストが尺の都合かあっけ無いのと主役メカの見栄えがしない(何せ単なるボロ帆船)のが残念ですが、巨大ロボットの戦闘シーンは特に圧巻です(作画に宮崎駿氏が参加とか)。

(因みにスターウォーズサーガは、SFファンとしては何となく「SF」に入れたく無いので除外しちゃいましたが、もちろん嫌いじゃないです。このブログでもその内に・・・)

SF映画のデータベースとしては以下の「SF MOVIE DataBank:SF映画データバンク」が素晴しいです。
http://generalworks.com/databank/movie/index.html
しかし、悲しいかな見たことも聞いた事も無い映画の方が多いぞ。
posted by FyunchClick at 00:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 模型:特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「ゆうれい船」は僕も大好きでし。
ボワジュースの歌・・・なつかしいですねぇw
ソノシートにこの曲・・・収録されてるんですよねぇw



Posted by 猫の手先 at 2006年04月18日 10:42
ボアジュースの歌はあの繰り返し以上にはフレーズは無いんですよね?
私はエンディングにかかる主題歌がとっても好きでした。今でもたまに口ずさんじゃいます。
Posted by FaianchCha at 2006年04月18日 20:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック