2006年04月16日

模型:スティングレー&スーパーカー

さて長々と綴ってきましたジェリー・アンダーソン作品の模型群もこれで打ち止めです。しかも最後はあまりネタが無くて尻窄みだったりですが・・・。

海底大戦争スティングレーは当時地元では日曜日の朝に放送されていまして結構楽しみにして観ていました(特にドンドコと鳴るドラム音のテーマソングが思い出深い)。プラモデルはミドリから何種類か発売されていたかと思いますが、買って貰った記憶があるのはスティングレー号のゴム動力版標準サイズとモーターライズ版大サイズ、それとメカニカルフィッシュでした。特にメカニカルフィッシュはゴム動力ながら尻尾を左右に振って泳ぎ口からミサイルも発射可能と言う中々素晴らしいものでした(しかし子供にはあまり受けないデザインでしたが・・・)。
しかしスティングレー号大サイズには苦い思い出が有ります。このプラモも当然水物でして、当時一般的だった水性デカールではスティングレー号の色分けを再現出来ないと考えたメーカーは親切にも青、黄の塗料チューブを付けてくれました。当時私はまだ模型に色を塗ると言う発想が無くて、しばらくは銀色のままで遊んでいたのですが、ふとその塗料チューブに気が付き塗りたくってみる事にしました。しかし実はこの塗料はトンでもなく臭い代物だったのです。しかも中々乾燥しなくてしばらく家中が臭かった覚えがあります。おかげで家族からは非難轟々でした(泣)。それがトラウマになってその後何年かは模型を塗装しようなんて気はまったく起こりませんでした(笑)。さてそんな(どんなだ)スティングレーですが現在所有の模型はお馴染みのコナミ食玩SFムービー版のみです。

Konami_stingray.JPG Konami_ironfish.JPG

これも非常に良い出来で、スティングレー号はちゃんと推進器が透明だし、メカニカルフィッシュの目玉も素敵です。
最近、新世紀合金でスティングレー号が発売された様ですが流石に購入は躊躇中。


スティングレーの前が宇宙船XL5号と言う作品になりますが、この作品は谷啓氏のナレーションを微かに記憶している程度ですね。なので当時模型が出ていたか否かは全く憶えていません。
因みにこの宇宙船もコナミ食玩(SIDとセット)で出ていましたが、私は未入手です。さらに新世紀合金でも発売されていますが、う〜むどれだけ売れるのか他人事ながら心配です(笑)。


XL5の前がスーパーカーですが、流石にリアルタイムで観た記憶はありません(大分後に再放送をチラっと観た位)。当時の模型も全く知りません(近年ネット上で画像を見た気はしますが、どうやらタミヤ製?)。
なおこれもコナミ食玩版では所有です。

Konami_supercar.JPG

やはり新世紀合金でも発売されていますが(しかもカラー版とモノクロ版)、う〜むどれだけ・・・以下同上。
posted by FyunchClick at 23:33| Comment(0) | TrackBack(3) | 模型:特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

マックスカー
Excerpt: 「マックスカー」と聞いて、それが何かすぐわかる人は相当ITC作品に詳しいと言えるだろう。マックスカーとは、ジョー90に登場するマクレーン教授の愛車である。単純に「マックの車」という安易なネーミ..
Weblog: 音の粒子たち
Tracked: 2006-04-19 23:17

ミドリ 海底原子力潜水艦スティングレイ
Excerpt:   やっぱし夏は水物プラモですね。 水物プラモといえば潜水艦。 当時、私の世代ではスティングレイとシービューが東西横綱的な存在でした。 この箱絵のバージョンは後にユニオンから8..
Weblog: プラモが好き!
Tracked: 2006-07-04 19:09

ミドリ ビッグスティングレイ
Excerpt:   スティングレイは小さいのから大きいのまでいくつも種類が出てましたが、これは一番大きい奴じゃなかったかな? 子供の頃は超巨大な箱に感じましたねぇ。 当時はおもちゃ屋さんでこの大きい..
Weblog: プラモが好き!
Tracked: 2006-07-05 07:34