2006年03月20日

模型:DX超合金 強攻型アクエリオン その1

創聖のアクエリオン」は、昨年のアニメ新番組の中では「舞-HIME」と並んで非常に楽しめた作品でした(なかなか人を喰った演出ですので機会があれば是非ご覧下さい)。しかし我が地方では深夜放映でしたし、ましてや放映されていない地区も多々あった様なので、まさか高額の合体トイが出るとは正直意外でした。さらにその上、終盤登場の軍用アクエリオン=強攻型まで出てしまうとは・・・マイナーメカ好きの私としましては、やはり強攻型はスルーし難く、予約購入してしまいました(もちろん財政さえ許せば神話型の購入もやぶさかでは無いのですが・・・)。

何はともあれ、やっと商品が届きましたので早速開陳です。河森正治氏が3年掛かりで考えたと言うメカデザインをご堪能下さい。

先ずはベクターマシン状態から。ベクターアルファはインパクトカノン装着がデフォの形態です。

Valpha.JPG Valpha2.JPG

べクターオメガです。

Vomega.JPG

ベクターデルタです。

Vdelta.JPG


ベクター3機の合体順序の違いで基本の3形態のロボに変形します。先ずはアクエリオンアルファ

AQalpha.JPG

アルファ=上半身、オメガ=下半身、デルタ=背中を担当してます(背中が重いのでスタンドが付属してます)。

と言う事で・・・To be continued(まて次週)。



【続く】

posted by FyunchClick at 01:05| Comment(5) | TrackBack(0) | 模型:アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おお、やっと届いたんですね?
おめでとうございます。

アクエリオン製作スタッフのブログってみたことありますか?
あそこで、「お姉さんの超合金合体講座」なるものがあります。

その中で、河森氏のこだわり合体変形なる記述があります。
http://www.aquarion.info/
Posted by 猫の手先 at 2006年03月20日 02:00
猫の手先様、情報ありがとうございます。なんだかためになりそうなブログなので、しこしこと読んでみます。
しかし、改めて猫の手先様のHPを見てきましたが2機同時に写真撮るなんて感心です、1機でも大変なのに・・・。やってみた人じゃないとこの大変さは判りませんね、多分。ちなみに私はアルファにするだけで1時間以上かかりました、とほほ。
Posted by FaianchCha at 2006年03月20日 15:30
2機の撮影は大変でした。
あ、撮影はいいんですが、一度この撮影終わったあとしまっちゃったんですよねw

無限パンチのこと、すっかり忘れ果てて・・・疲れ果てて。
次の日、無限パンチの撮影に挑んだんですが・・・全長64センチですよw
長すぎですよ。

無限パンチ用スタンドで、パンチの維持はできましたが、ノーマルアクエリがヘタレまくりで、維持できませーーーん。
Posted by 猫の手先 at 2006年03月20日 22:41
アクエリオンアルファ、渋くて強そうですね。
やはり1度に3パターンのレビュウはきつかったようですね。(笑)
その2のUP、期待して待ってます。

アクエリオンは合体させるだけで一仕事ですよね。年寄りには1回に1パターンが精一杯です。
で、また大きいから何時までもその状態にしておけないので、すぐ分解する事になるんですが、これがまた虚しい作業なんですよね。
バラしても一度ベクターマシンの形に戻さないと、別のパターンへの合体は出来ない(少なくても私は出来ない)ので、合体時と逆の操作にまた時間を費やす事になるんですもん。

2機同時なんて目がまわりそうです。凄いなぁ、猫の手先さんは・・・。
Posted by 牛乳屋 at 2006年03月21日 10:35
そういや、「ベクタールナ」及び「ベクターオメガ」ってタイムレンジャーのメカにも似てますねw
Posted by 猫の手先 at 2006年03月21日 21:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック