2018年06月24日

【模型】バーチャロン テムジン 白虹騎士団(1/100)

苦節三ヶ月、やっとハセガワのバーチャロンが完成。
バーチャロンのゲームが発表された時は、まずロボのデザインに魅了され、さらにゲームの出来にもいたく感動して(格闘系は苦手なのでゲーセンではあまり遊ばなかったが)、このゲーム欲しさにサターンを買ったなぁ…。

で今回作ったのは、シリーズ4作目のゲームに登場する、テムジンのバリエーション機らしい。
TemjinA8#06.png TemjinA8#01.png TemjinA8#03.png TemjinA8#05.png TemjinA8#07.png TemjinA8#04.png

マーズ版よりもこっちの方が制作が楽かな?と思い、約15年位前に発売&購入した物ですが、同時期のバンダイMGと比べてもパーツ精度は辛いものがあります。なので接着だけじゃなくパテ埋め成型が必須な個所が散見。特にこの白虹は背中のウィング?が難題で接着面小さすぎ、接着角度不明すぎ。
でパテ埋めをしちゃうと今度はサーフェイサーが必須となるのですが、普段サーフェイサーをあまり使わないので白系塗装のための下地作りにまた難儀。試行錯誤の末、ネットでの評判を聞いて買ってきたガイアのEVOホワイトで満足な下地塗りがやっとできました。その上にクリア+MGパールで本体色としてます。
バーチャロンの売りの塗り分けはデカール頼みと考えてたのですが、実は全箇所の塗り分け用デカールが付属するのではなくて一部塗装で表現要な処があるのですが、それが結構多くてかつ判り辛く、結局一部は予期せぬ塗装ミスアレンジになっちゃいました…。
あとデカールを貼り始めて判ったのですが、オレンジ楕円と黒枠はデカールでは一体化しているのに、パーツ側の黒枠モールドが余りに深すぎてシートが追従不可能です。この黒枠のみは塗装にした方が楽に綺麗に出来た気もするのですが、そうなると今度はデカールを切り出す必要が発生するので悩ましい処です。

なんやかやでデカールは綺麗に貼るのに結構失敗、それをリカバーしようとするも箇所が多くて更に失敗を重ね、なかなか不本意な仕上がりとなってしまいました。
テムジンは雪の勲も積んでるし、その他機体もまだ数個積んでるので、そのうちリベンジしたい…かな?

塗装レシピ:
・クリア+MGパール
・クリアブルー+MGパール
・コーラルオレンジ
・ガンメタル(タミヤラッカー)
・焼鉄色
・艶消し黒


その昔に買った海洋堂の完成フィギュアのフェイ・イェン・ザ・ナイトとツーショット。
TemjinA8#08.png
この完成品フィギュア、出来は良いがベタつくのが難点。でも塗装済みなのにこのプラモより安かった様な…。そう言えば同じく海洋堂のテムジンもフィギュアを買ったが、何もしないのに関節が骨折する不良品だったなぁ。

このテムジンは1/100と言う事なのでMGガンダムとサイズ比較してみた(ゲームで遊んでた当時は、てっきり人と同じ位のサイズだとばかり思ってたが…)。
TemjinA8#09.png
posted by FyunchClick at 00:00| Comment(0) | 模型:etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月10日

散在日記

模型:
 テクノポリス21C
  HI-METAL R ブレーダー、バンダイ
 ガンダムF91
  MG ガンダムF91(1/100)、バンダイ
 バイク
  Kawasaki Ninja H2R (1/12)、スカイネット
ゲーム:
 PS3
  デッドアイランド リップタイド
 Windows
  ZUP! ZERO

ブレーダーは無塗装な処以外は文句なし。スキャニーも期待してます。
H2Rはタミヤ版を買うつもりだったがカーボンファイバー表現が無理…と躊躇してた。で今回スカイネット版の再販がかかり結局こっちを購入。でも再販と言いながら中身は別物らしく、旧版より造形が向上してるとの事でちょっと嬉しい。


   
posted by FyunchClick at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月20日

模型:ガンダム MG Ver.2.0

ガンダム自体のプラモデルは、最初のメカコレ(ビームサーベルが2本しかないやつ)から始まって幾つも購入してきたけど、ちゃんと作りたいと言う気持ちが先だって実は一つとして塗装完成させた事が無かったりしました。特に色味をどうするかが悩みでしたが、センチネルワークスの色調アプローチに合点が行き、さらにパールという手段も現れ、やっとこれでやってみようと言う気になり手を動かしてみました。と言いいながらも実は何度か途中まで塗装してはやっぱり違うと何か月も放置してたりだったので最終的な塗装レシピが良く分からなくなってたりするのですが…。

ガンダムMG2.0 ガンダムMG2.0 ガンダムMG2.0

ガンダムMG2.0 ガンダムMG2.0 ガンダムMG2.0

MG Ver.2.0の造形は好みが別れるかもですが、コアファイターはこのサイズでこのプロポーションなのに、変形時に尾翼は連動するはミサイルベイは開くはで文句なしです。
ガンダムMG2.0

塗装レシピ(うろ覚え)
白:クリア+MGパール
青:コバルトブルー+蛍光ピンク+ラベンダー(ガイアカラー)
赤:キャラクターレッド+白+MGパール
黄:ビビッドオレンジ
フレーム:焼鉄色
武器:ガンメタル
※全体をMGパールでコート
posted by FyunchClick at 12:55| Comment(0) | 模型:アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

散財日記

書籍:
 ハヤカワSF
  ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン(上下)、P・トライアス
 竹書房
  寄港地のない船、B・W・オールディス
模型:
 ダンバイン
  ヴェルビン(ROBOT魂)、バンダイ
 モスピーダ
  VR-052F モスピーダ スティック(1/12)、千値練
 パトレイバー
  イングラム1号機&2号機パーツセット(ROBOT魂)、バンダイ
 グレンダイザー
  D.C.グレンダイザー(超合金魂)、バンダイ
 フルメタル・パニック
  アーバレスト(1/60)、バンダイ
  ガーンズバック(1/60)、バンダイ
 ガンダムW
  トールギス(RG 1/144)、バンダイ
 ヤマト2202
  カラクルム級 2艦セット(メカコレ)、バンダイ
ゲーム:
 XBOX360
  MADDEN NFL 11
 Windows
  ZUP! ZERO


          
posted by FyunchClick at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月06日

散財日記

書籍:
 ハヤカワSF
  アルテミス(上下)、A・ウィアー
模型:
 マクロスΔ
  DX超合金 VF-31A カイロス(1/60)、バンダイ
 マクロス
  VF-4(1/72)、ウェーブ
 ヤマト2202
  アポロノーム(1/1000)、バンダイ
  アンドロメダ(メカコレ)、バンダイ
 ガンダム THE ORIGIN
  プロトタイプ グフ 戦術実証機(1/144)、バンダイ
 ガンダムUC
  MG ジェスタ(1/100)、バンダイ
 ボトムズ
  ガシャプラボトムズ5種(1/60)、バンダイ
 ウルトラマン
  SHODO ウルトラマンティガ、バンダイ
  SHODO バルタン聖人、バンダイ
ゲーム
 Windows
  S.T.A.L.K.E.R.: Call of Pripyat
 XBOX360
  シャドウ オブ ザ ダムド
ビデオ
 Blu-Ray
  2001年宇宙の旅
  時計仕掛けのオレンジ
  フルメタル・ジャケット


          
posted by FyunchClick at 22:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月11日

模型:MG ブリッツガンダム

MGグリフォンの塗装テストも兼ねて作成したブリッツガンダム。
ガンダムシードのMSは特に好きでも無いけど、ブリッツは配色が好みなのと、MG版のアレンジも素敵です。塗装自体はグリフォンより先に出来てたのですが、マーキングシールの貼り込みに相変わらず難儀し完成が後回しになった次第。

MG_Blitz01.JPG MG_Blitz04.JPG MG_Blitz05.JPG MG_Blitz03.JPG MG_Blitz02.JPG

一部配色をアレンジしてます。

塗装レシピ:
メタルブラック+クリアブラウン
シルバー+クリアレッド
クリアバイオレット
コーラルオレンジ
パールホワイト
焼鉄色

posted by FyunchClick at 00:00| Comment(0) | 模型:アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月07日

模型:VF−4(1/72) ウェーブ版と烈風版

やっと発売されたウェーブ版のVF−4(1/72)。サイズは手頃なんですが、とにかく高い。VF−4は変形なんてしなくていいから格好良いプロポーションで安いのを期待してたのに…。

早速仮組みしてみたが、なんだかVF−4らしい尖がり感が足らないような。
昔、烈風というお店が出してたVF−4(1/72)のプロポーションがお気に入りだったので、引張りだして比べてみた。

VF4_cmpr.JPG
ウェーブ版が一回り大きい。

VF4_wave.JPG
ウェーブ版はかなり直線的な印象。

VF4_reppu.JPG
烈風版は側面形状はかなりマッシブ。

烈風版はオールソフビ製なので、翼がヘロヘロだったり表面処理が難しかったりなのだが(なので途中放棄状態)、横からみたときはこっちが断然格好良い。
どうもウェーブ版は鶴首成分が足らないのが印象の違いの様だ。変形しないんだから、烈風版くらいのはったりが欲しかったなぁ。

posted by FyunchClick at 09:58| Comment(0) | 模型:アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする